マンション

都心で高級賃貸を探そう|便利で快適な生活を

過去を気にしなければお得

案内する人

東京には、毎年多くの人が流入し、その人口は増加の一途をたどっています。日本の政治や経済の中心であり、沢山の仕事があることがその要因となっています。また、海外からも沢山の人がくる東京は、賃貸需要も大きいと考えられます。賃貸需要が大きいということは、東京で生活するための住宅を探している人が沢山いるということです。賃貸需要が高いと、家賃の高騰に繋がります。あまり家賃にお金をかけたくないと考える人の中には、事故物件などを探して家賃を抑えるという選択をする人もいます。

事故物件とは、過去に人が死亡する事件や事故が起こった物件のことを指します。事故物件は、相場よりもはるかに低い家賃設定がされていることが多く、3割~5割、中には8割ほど低い価格で購入や賃貸が可能です。

事故物件は、その事件が起きるとあまりいいイメージを持つ人は多くありません。事件や事故が大きければ、ニュースなどでも取り上げられることから、その住宅に入居したいと考える人は少なくなってしまうと考えられます。このような理由から、事故物件は価格が抑えられているのです。

過去に起きた事件や事故を気にしないという人の間では、こうした事故物件が人気です。家賃が他の県に比べて高い東京では、こうした事故物件は安くてお得であるとして近年注目を集めています。事故物件は、心理的な影響によるものが大きいため、過去のことを気にしない人にとっては経済的な負担を抑えることのできる格好の物件として認識されています。また、外国から日本に進出してきた企業のオフィスとして購入するケースも増えています。